top of page
検索
  • tantamani0

セド祭とは



セド祭(セドさい、英語: Sed festival)は、古代エジプトのファラオ(王)が行った王位更新祭である、別名を「尾の饗宴」とも言うが、これは、そのセド祭が行われry時にFだラオが腰に牛の尾を身に着けていた為である。


上の黒っぽい絵の画像は、古代エジプト初期王朝時代のファラオ・デンの「セド祭」の様子である。


セドsedの語義は神の名称とされているが不詳である。ファラオの即位後30年目に行われ、以後3年目ごとに繰り返されるのが原則であるが、必ずしも厳密に順守されたわけではない。祝祭の本来の目的は、王の活力の回復にあり、王の活力と自然の豊饒とは共感関係にあるとされたため、一定期間在位した王は儀礼的殺害によって活力に満ちた存在として復活することが要求されたのである。このような慣習は現在もナイル上流の部族などにみられる。


セド祭と呼ばれる神事は、エジプトが統一される以前(~紀元前3100年ごろ)から、古代ローマ帝 国によってエジプト最後の王朝プトレマイオス家が 滅ぼされるまで、各王朝の中で30年以上国を統 治した王達によって何度も行なわれてきた儀式で あり、王の行なう神事の中でも最も重要な儀式と 今日までの研究で判明している。


祭りは30年ごとに行われることになっていたが、実際は30年以上在位する王は少なく、この区切りは厳密ではない。その実質的な役割は、「高齢化した王の交代を促す」というものだったと考えられる。なぜならば、エジプト王は基本的に終身であり、死ぬまでホルスの化身として凛々しく、そして若々しくいることが求められたのだった。しかし、高齢になっても体力を維持できている指導者は少なく、そういう指導者たちに譲位をさせるための儀式とも考えられている。


超越的な力の維持と保持のため、王達は身体運動の1つであるマラソンを取り入れた儀式を、即位30年後とそれ以降3年毎に行なうようになったのであるが、この走行儀式が更新の儀式と言われるセド祭である。


セド祭は王の肉体的・魔術的力の復活を祈願する走行儀式であるが、「形式的な王の死」という王殺しを備えた神事であり王の再生復活を表現した、死と再生を表す神事でもあった。セド祭は、エジプトが1つの国として統一される以前(紀元前3100年以前)から存在する、古代エジプトの中でも最も起源が古いとされる神の1人を祭る神事である。


その内容はエジプト王政と王朝にとって、最も重要視されるものであった。セド祭の機能は全王朝全ての時代を通して、王の権威と権勢をより強くし守るものであったとされ、王の力が衰えるとされる即位30年時と、それ以降3年毎に行われる身体運動を取り入れた宗教的儀式の1つであったとされている。


具体的には、王が自らの建材を示すために上下エジプトを象徴するレンガの上を走り回り、自身の権力の健在と体力の誇示を果たした。自身の力が証明できなかった指導者は、その後の華麗な儀式の中で象徴的に殺された。そしてより若い後継者が指導者の位についたのだった。


体力と権力が認められた指導者は自身の像を地中に埋め、形式的な復活を果たした。死を迎える事でしか得られない再生復活を、古代エジプトの指導者はセド祭の儀式の中に形式的な死を取り入れることによって成立させて再生復活を得たものとした。


儀式の終了と共に、年と共に衰えた超越的な肉体的・魔術的を再び得、エジプトの国土を統治するに相応しい、国民が望む王に生き返るものとみなされた。


場所は一定ではなく、ラムセス2世は新都ペル・ラムセスにおいて行ったし、アメンホテプ3世はテーベのナイル川西岸に位置する新宮・マカルタ王宮においてその祭事を行ったとされているが、それ以外の代替にファラオはサッカラに位置するジョセル王のピラミッドのふもとにある「セド祭殿」にて行われていた。


その後、古代エジプトがギリシア人や古代ローマ帝国に征服されると、次第にこの儀式は行われることはなくなり、遂に忘れ去られた。しかし、近世になると、再び古代エジプトの遺跡に対してスポットライトがあてられるようになり、古代ギリシアの文献の解読及び遺跡にたたずむ碑文などの解読によって、「セド祭」が存在したことが判明したのであった。

閲覧数:490回0件のコメント

最新記事

すべて表示

You have a mistery

ローマ人たるカエサルは、マランガに到達していた。 663656503938186649391918303730395048502810294937164928493716492836166659294036461048293019461048293019593066273766561836493716492820302757203027

Comments


記事: Blog2 Post
bottom of page