top of page
検索
  • tantamani0

古代エジプトの言語の歴史




「古代エジプトの言語の歴史」のでは、古代エジプトの言語の変遷について記載する。




ヒエログリフ


ヒエログリフ(hieroglyph)とは、ヒエラティック、デモティックと並んで古代エジプトで使われた3種のエジプト文字のうちの1つで、エジプトの遺跡に多く記されており、紀元4世紀頃までは読み手がいたと考えられているが、その後読み方は忘れ去られてしまった。


ヒエログリフがいつ頃使われ始めたかについてはまだ解明されていない。エジプト原始王朝時代以前の紀元前4000年のGerzeh cultureの壷に描かれたシンボルがヒエログリフに似ていることが知られている。紀元前3200年頃、上エジプトにあった遺構から1890年に出土した「ナルメルのパレット」の文字を最古のヒエログリフとする見解が長い間一般的であった。


ヒエラティック


[[ファイル:-1455 Brief des Bürgermeisters von Theben Sennefer anagoria.JPG|200px|サムネイル|ヒエラティックが書かれたパピルス文書。]]

{{main|ヒエラティック}}

ヒエログリフが誕生したのとほぼ同じ時代には、「神官文字」として知られるヒエラティック(hieratic)が発明された。この文字は、漢字に例えるならば「行書体」であるといわれる。神官や支配者の日常の筆記に初期のころは用いられたこの文字は、ヒエログリフを簡略化し、崩したものであるとされている。


後に、これをさらに簡略化したデモティックも登場する。


古エジプト語


「古エジプト語」という用語は、紀元前4代後半から3000年代前半にかけて、象形文字の最も初期の使用のために予約されている場合があります。紀元前3300年頃の初期の段階では、象形文字は完全に発達した書記体系ではなく、原作の過渡期にある。紀元前27世紀に至るまでの時間の経過とともに、ニスバ形成などの文法的特徴が生じるのが見られる。


古いエジプト人は、発見された有限の動詞を含む最も古い既知の完全な文から日付が付けられています。セス・ペリブセン(紀元前2690年紀)の墓で発見され、アザラシの印象は次のように読みます。


紀元前2600年頃から広範囲のテキストが表示されます。ピラミッドテキストは、言語のこの段階で書かれた文学の最大の体です。その特徴の1つは、表意文字、音源、および複数形を示す決定論の三分の一である。全体的に、それは異なる方言に基づいていますが、言語の古典的な段階である中エジプト人と大きく異なっていません。


第3王朝(紀元前2650年~紀元前2575年)の時代に、象形文字の書き方の原則の多くが正規化されました。その時から、スクリプトがコプトの初期のバージョン(約3世紀と4世紀)に取って代わるまで、システムはほとんど変わらなかった。使用された兆候の数でさえ、2000年以上にわたって約700で一定のままでした。


中エジプト語


中エジプト人は紀元前2000年頃から約700年間話されました。エジプトの古典的な変種として、中エジプト語は言語の最も文書化された多様性であり、エジプト学から遠く離れて最も注目を集めている[ほとんどの中エジプト人は象形文字によって記念碑に書かれているのに対し、筆記体の変種を使用して書かれたと関連するヒエラティック. [31]


中エジプトは、19世紀初頭に象形文字の解読で現代の奨学金に最初に利用可能になりました。中エジプト語の最初の文法は1894年にアドルフ・エルマンによって出版され、1927年にアラン・ガーディナーの作品で上回った。中エジプト人はそれ以来よく理解されていますが、言葉の抑揚の特定の点は、特にハンス・ヤコブ・ポロツキーの貢献のために、20世紀半ばまで改訂に開かれたままでした。 [32]


中エジプトの舞台は紀元前14世紀頃に終わり、エジプト後期を生み出した。この移行は、エジプトの第18王朝(アマルナ時代として知られている)の後半に起こっていました。中エジプト語は文学標準言語として保持され、この使用法では4世紀にローマのエジプトのキリスト教化まで生き残った。


新エジプト語


中エジプト語が新エジプト語に変化した時期は明確ではない。これは、新エジプト語期の歴史的、文学的文書にも、「古典的」な用法、表現が多く見られるからである。[1] しかし、中エジプト語と新エジプト語の間の差異は、古エジプト語と中エジプト語との差異に比べると大きい。この時期に、エジプト語の構造は総合的言語から孤立語的なものへと大きく変化し、中エジプト語までは主に様々な接辞や語形変化により表されていた文中の各語の間の関係は、次第に冠詞等の独立した語により表されるようになったのである。


「新エジプト語」は、エジプト新王国時代のアマルナ王朝の頃に記録されはじめた、エジプト語の発展段階の一つを指す。新エジプト語で書かれた最古の文献は、エジプト第19王朝時代のものである。


デモティック期


紀元前4世紀頃には、「民衆文字」として知られるデモティック(demotic)が発明された。この文字は、日本の漢字においては「草書体」にたとえられ、その別名のとおり民衆たちの一般的な筆記に用いられた。後にヒエログリフやヒエラティックがごく一部の神官たちや支配者のみにしか使用されなくなると、今度はデモティックが主要な文字靉なった。

古代エジプトでは石に刻むためのヒエログリフ(聖刻文字)と筆記用のヒエラティック(神官文字)の両方が並んで発達し、後にヒエラティックを崩した簡略文字であるデモティックが作られたと考えられる。ただし、デモティック書体で木や石に刻んだものも多く残っている。


デモティックは古くは紀元前660年に使われているのが見つかっており、紀元前600年には古代エジプトでは標準的な書体となったと見られている。4世紀にはエジプトでもギリシア文字を基にしたコプト文字が使われており、デモティックはそれ以後使われなくなった。現在見つかっているデモティックの最後の使用例は、紀元451年にフィラエ神殿の壁に刻まれたものである。


エジプト語の最後の主役は、デモティックによる筆記がメインとなっている。


ギリシア語の浸透


プトレマイオス朝を通じて、エジプトではギリシア語の話者が増えた。また、プトレマイオス朝の支配者たちはギリシア語しか話すことができない人物が多くいたため、ギリシア語は支配者の言語として最初エジプトの持ち込まれ、後の古代ローマ帝国の支配に及んでは、一般の民衆にも広がりを見せ、益々古代エジプトの言語はすたれてしまった。


ギリシア語はエジプト語とは対照的に更なる浸透を見せ、ローマ帝国の末期から東ローマ帝国の支配の時期には、エジプト語よりのはるかにギリシア語の話者の方が多数と成った。


プトレマイオス朝のギリシア語は、他のヘレニズム国家と同じく「コイネー」であった。


コプト語


コプト語は、10世紀頃まで古代エジプトの語彙を伝えた、古代エジプト語の系譜をつぐ文字であるが、後にすたれて、現在ではコプト正教会の典礼言語としてわずかに残るのみとなっている。コプト・エジプト語 (Coptic Egyptian) ともいい、4世紀以降のエジプト語をさす用語であるため、一般的にはコプト語と呼ばれているが、コプト語という独立した言語が存在しているわけではなく、あくまでもエジプト語の一段階である。この時期のエジプト語は当時のエジプトを統治していた東ローマ帝国の公用語であるギリシア語の影響を語彙・文法・表記などの面で強く受けており、この時代以降のエジプト語の言語体系にも基本的にそれが引き継がれているため、この時期を境にそれ以前のエジプト語と区別している。


コプト語はエジプト民族の本来の母語であるが、現在では口語としてはほぼ死滅状態にある言語である。これは7世紀のイスラームのエジプト征服に由来している。当時のエジプト人は東ローマ帝国の統治下にあり、公用語のギリシア語とその影響を強く受けた日常言語としての初期コプト語を使用するバイリンガリズム状態にあった。


しかしイスラームの侵略と征服によりアラビア語が行政言語としてギリシア語にとって代わり、エジプト人は新たなバイリンガリズムにさらされることとなった。およそ3世紀 - 4世紀の間はバイリンガリズムが継続したが、次第にアラビア語が優勢となり母語置換を起こすようになった。下エジプトでは遅くとも11世紀までにはアラビア語が支配的となりった。


また、コプト語が話されていた最後の地域の一つであった上エジプトでも14世紀までにはアラビア語が支配的な日常言語として使われるようになった。アラビア語エジプト方言はこの過程で多少の借用語をコプト語、ギリシア語から受け入れたが、それ以外にほとんどこれらの基層言語から影響を受けることはなかった。


しかし、上エジプトでは17世紀まで少数のキリスト教徒の共同体の間で、日常言語として、また典礼の言語として保持された。シャンポリオンはコプト語からヒエログリフ解読を試み、エジプト学を始めた。しかし、イスラム政権の圧力により、次第にコプト語はキリスト教徒の間でも廃れていき、教会のわずかな儀礼などで使用されるだけとなった。現在ではコプト語の復活運動が起こっている。


言語の忘却


古代エジプトの純粋な言語は、4世紀頃にフィラエ等のイシス神殿に奉献された神官たちの刻まれた文字を最後にみられなくなり、後には話者は一人としていなくなった。異説もあり、紀元10世紀頃まではエジプト語の話者が上エジプトの僻地に存在していた、と主張する学者も存在する。




閲覧数:533回0件のコメント

最新記事

すべて表示

You have a mistery

ローマ人たるカエサルは、マランガに到達していた。 663656503938186649391918303730395048502810294937164928493716492836166659294036461048293019461048293019593066273766561836493716492820302757203027

Comments


記事: Blog2 Post
bottom of page